ic_mapオアフ島

新しい年、新しいサービスのクラフトビールショップがカカアコにオープン

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

2019年1月、カカオカのサウスショアマーケットに地元産のビールやワインと、ラテン風味のお料理を提供する“オフ・ザ・ウォール”がオープン。飲み物を少量ずつでもいただけるセルフサービスのお店です。お店の目玉はクラフトビール。リアル・ア・ガストロパブが閉店して以来、久しぶりにビール通を満足させてくれるお店となっています。お隣の、ナル・ヘルスバー・アンド・カフェと同じ経営で、オーナーのルーツであるアルゼンチンやラテンのお料理がいただけます。

このお店、みなさんが普段行かれているバーとは一味違ったシステムになっていますので、ここで解説しておきまね。カイルアにあるグレース・イン・グロウラーズに行かれた方ならこの形式には馴染みがあると思いますが、オフ・ザ・ウォールでは食べ物の持ち込みはできません。

 

Step 1:受付でタブを開いてもらいます。

係りの人にクレジットカードを渡してビールカードをもらいます。このカードには飲んだビールとワインの履歴が残ります。因みにこのお店では店員がお料理の注文を聞いて回ることはありません。お食事が食べたくなったらご自分で注文してください。

お料理を注文したらトランプのカードを1枚ひくのですが、引いたカードがテーブルナンバーとなり、店員さんがお料理を運んできてくれるという仕組みです。(私達がそうだったのですが)2枚しかないジョーカーを引き当てたら、注文したお料理が無料になります!

 

Step 2:棚からグラスを選び、グラスを濯ぎます

ビールを飲みたい時にはビールグラスを、ワインの場合はワイングラスを。沢山飲みたい時には大きなグラスを、そうでない時には小さ目のグラスを選びます。それを逆さまにして、ビールタップの左側にある、下から水が噴き出すグラス洗浄機の上に乗せます。濯ぐことでグラスを擦ることなくなるのと同時に、注いだビールの泡を綺麗に保つことが出来ます。空になったブラスは厨房のドア付近にある桶に入れてください。

 

Step 3:ビールかワインを選び、スキャナーにカードを差し込んでください

ビール18種、ワイン6種類からお好みのものを選びます。2つのタップからはお水が出ます。カードを画面すぐ下のスキャナーの溝に差し込むと、画面にあなたの名前と残高が表示されます。ただし、このスキャナーはすんなりとは動いてくれない場合があります。ご自分の名前が表示されない場合、カードの向きを変えたりといろいろ試してみてください。

 

Step 4:タップを引き注ぎます

撮影:Michael Choy

 

Step 5:飲みます。

飲みのものを注いだら座席について楽しみましょう!100%地元産のビールセレクションは、まさにハワイのクラフトビール界の成長を後押ししていると言えますね。ワイキキ・ブリューイングやホノルル・ビアワークス、ココラやイヌ・アイランド・エールなどはその代表格。パラダイス・サイダーズやスカイ・コンブチャなどもあります。生産量の少ないビールもあり、クラフトビールの熱狂的ファンにとっては美味しいハワイ産のビールをいろいろと試すことのできる素晴らしいお店です。

 

Step 6:お会計。

受付に戻り、ビールカードを返却し清算します。

 

ラテン風味のお料理

注文したお料理が運ばれてくるのは早いです。傑作料理は、エンパナーダとセビーチェの2つ。パンの実のハムスに、チミチュリソースの手羽、カウロアビーフのミニバーガーや、アヒのタコスなどもあります。ランチタイムにはサラダも。隣のテーブルで注文されていた手羽とタコスが見るからに美味しそうでした。

エンパナーダ($11)はカリカリでサクサク。味付けも最高です。

トストン(揚げたバナナ)に乗ったセビーチェ($15)は、色鮮やかで酸味があり、揚げたてアツアツです。トストンは優しい食感で、軽くソフト。

ビールオタクとしては興奮しましたね。新しいタップが入っているかどうかチェックしに、近々再訪しようと思います。

BY: JASON CHIN

原文:https://www.frolichawaii.com/stories/new-year-new-self-serve-craft-beer-kakaako

PREV

コンビニで買える部屋飲みのレアボトル

コンビニで買える部屋飲みのレアボトル

NEXT

できたて新鮮ハワイNo.1ビールを  本社工場でいただきます

できたて新鮮ハワイNo.1ビールを 本社工場でいただきます

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP