ic_mapオアフ島

バー?それともワークスペース?カカアコに新しいスタイルのラウンジがオープン

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

これはバーなのか、果たしてワークスペースなのか?それはあなた次第。お馴染み、バーの最新流行スポットであるカカアコはまた、多くの人が働いているエリアでもあります。ならば、この2つの相乗効果を狙ってみてはどうでしょう?

ワークプレイは2019年1月に正式にオープン。オーナーのPhilip Hashaが実生活で同僚とお酒を飲みながらアイデアを思いついたそうです。ワークプレイはいかにもバーといった感じで、美しい自家製のカクテルをいただくことができるし、素晴らしいフレンチのシェフもいて、ステージでの生演奏にも力を入れています。

 

しかし店内を良く見てみると、何かアイディアが思いついた時のために作業できるスぺースが設けられています。私や友人であるここのオーナーののKaimana Pineと同じように、wifiがあってお酒やコーヒーが飲めるちょっとかっこいい作業スペースを探しているという方もいらっしゃるかもしれません。そう、つまり、創造性を高めるような場所とでも言ったらいいのか・・・。

 

もっとプライベートな空間が必要な場合には、3つのミーティングルームが用意されています。会議室のような完全な個室が必要なくても、静かに作業したい場合には、裏にブースで仕切られたスペースもあります。いまのところ、これらスペースの使用料は全て無料。みなさん、穴場ですよ!

BY: MELISSA CHANG

原文:https://www.frolichawaii.com/stories/new-kakaako-lounge-makes-workplay

PREV

できたて新鮮ハワイNo.1ビールを  本社工場でいただきます

できたて新鮮ハワイNo.1ビールを 本社工場でいただきます

NEXT

カイルアのメイシーズ跡地にマウイブリューイングがOPEN!

カイルアのメイシーズ跡地にマウイブリューイングがOPEN!

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP