ic_mapオアフ島

カンパイ!100種の日本酒、ビール、ウィスキーを揃える名店が復活!

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

全米で4つの指に入る、日本酒専門店のKahekaの旧店舗が開発のために閉店してから、ハワイ在住の日本酒ファンにとっては、長く寂しい時間でしたね。NadieとMalcom Leongは150種類ものお酒を頭に入れているので、ステーキに合うお酒はこれ、シーフードに合うのはこっち、チーズにはこれ、プレゼントにはこれがおススメなど、予算内でアドバイスをしてくれますよ。

新店舗の場所を決め、その後4ヵ月の準備期間を経て、Sake Shopは帰ってきました。Cooke Streetにできたこの新店舗には3台の冷蔵ケースが備えられていて、100種類を超える日本酒と、日本のビール、日本のウィスキーや焼酎が並べられています。日本酒は日本から毎週届き、ディスプレイ用のテーブルも用意され新しい看板も。

テイスティングルームも新しくできました。先日の7月21日の土曜日にはOtokoyamaを始め、北海道の醸造所から運ばれてきた日本酒が数種類、無料でふるまわれました。現在の社長の息子で、131年の歴史を誇る醸造所の次世代を担う、Goro Yamazai氏が注いでくだ。ここのお酒はハワイの日本酒愛好家の中でも人気で、特別純米酒は今年のU.S. National Sake Appr自らが注いでくれたようです。このお酒はハワイの日本酒愛好家の中でも人気で、特別純米酒は今年のU.S. National Sake Appraisalで銀賞を受賞(Melissa Changが北海道に訪ねレポートがありますのでa peek insideをご覧ください)。

また、8月11日の土曜日には、九州のShichiba Breweryの日本酒がふるまわれました。Shichibaはあまり知られていませんが、2018年に大吟醸がプレミアム大吟醸Bのカテゴリー99種類の中からトップ3に選ばれています。また、全てのカテゴリーの中から今年も金賞2つと銀賞を1つ獲得しています。

テイスティングルームでの予定は他にもあります。Malcolm Leongによる1時間の無料101ワークショップです。内容はどんな感じでしょうか?彼曰く、お客様から一番聞かれる質問は、純米って何?大吟醸は?といった日本酒のグレードの違いについてだそうです。なのでそれに関する解説や、日本酒の作り方、お料理との合わせ方、日本酒メニューの見方、さらに日本酒を飲む際の温度について説明する予定とのこと。

ワークショップは8月にスタート。興味のある方はsakeshophawaii.comのニュースレターに登録してくださいね。

〔原文 Kampai! The Sake Shop is back  BY: MARI TAKETA 〕

PREV

夏の締めくくりは天然フルーツソーダに決まり!

夏の締めくくりは天然フルーツソーダに決まり!

NEXT

マウイ島でクラフトビールを飲むべき場所!

マウイ島でクラフトビールを飲むべき場所!

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP