ic_mapハワイ全域

ワインショップのベテランスタッフがお薦めする、10ドル以下の極上ワイン

山下 マヌー

スマートリップ・ハワイ編集長

山下 マヌー

たまにはまったり、部屋でワインというのもいいと思います。ハワイでワインの専門店といえば、フジオカ・ワイン・タイムスとタムラが大有名店。タムラはまた、お酒のツマミとして欠かせないポケが美味しいことでも知られています。

ワインはもちろん、焼酎、日本酒、ビール、ホワイトリカー、ウィスキー・・・ほぼ全種類のお酒を扱っていて、ハワイのお酒好きお父さんたちの強い味方です。

 

あらゆるお酒が大量に陳列されている店内から、お気に入りの一本を探し出すのは相当に困難。漫画「神の雫」を愛読していてたとしても、「果たしてどの銘柄をハワイで飲むべきなのか・・・」、迷ってしまいます。

 

そこで、カフェカイラの裏手にある、“フジオカ by Times”のベテラン店員にお薦めを聞いてみることに。だけど高くてうまいのは当たり前。そこで、10ドル以下に値段を限定。ハワイで飲むべき10ドル以下の珠玉のワインを選んでもらったのがこちら。どれも実力派の秀逸ワインなのであります。

 

まずは赤から。イチオシはAVALON(カベルネソーヴィニヨン)。「ハレクラニホテルのレストランでグラスワインとして出されているほどの実力」にも関わらず一本8.99ドル。「バリューも味も間違い無し」の一本。因みにこちら、日本のイオンほかでも購入可能。お値段はだいたい1500円前後。日本でも手軽に飲めますね。

 

同じカベルネからもう一本。ワシントンで作られているストーンキャップ。「まるでナパのカベルネを飲んでいるのではと錯覚するほど美味しくレベルが高い」のに8.99ドルとは、なんともバリュー!

 

人気のピノからも一本選抜。「カリフォリニア産ピノなのに、フランスのピノのように軽くて飲みやすい」というこちらは、モンペリエール(7.99ドル)。「ビーチピクニックにもお薦め」というくらいに軽めのピノでございます。

白はどうでしょう。お薦めを一本お願いします。

「よく売れているので常に多めに仕入れている」のがソーヴィニヨン・ブランのアッパーカット(7.99ドル)。「クリスピーで香ばしくてフルーティーで華やかな味」は、口当たりも良くスイスイと飲めてしまいます。

 

「アメリカ人はロゼも好き」ということで、お勧めされたのはBORSAO(8.99ドル)。「スペイン産のドライで飲みやすい味は「きっと日本人も好きになる味」なので、試してみてほしいとのことでした。

そもそもアメリカのワインであれば、税金その他がかからないので当然日本より廉価で購入可能。次回のハワイ、部屋でワイン飲み比べでもしてみますか?

※価格は取材時のもので、変動している場合がございます。

PREV

オアフ島初のサイダリー「パラダイスサイダー」のテイスティングルームがカリヒに誕生

オアフ島初のサイダリー「パラダイスサイダー」のテイスティングルームがカリヒに誕生

NEXT

近頃増えている、看板のない怪しいBARに行く

近頃増えている、看板のない怪しいBARに行く

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP