ic_mapアラモアナ

最高のチョコレートコーティングのコーヒー豆を作っているのはどこ?

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

チョコレートコーティングのコーヒー豆は、マカデミアナッツチョコを超える商品になるでしょうか?

人気のマカダミアナッツチョコに代わるハワイのお菓子はあるのでしょうか?

ハワイの人が他人に渡すおみやげとしてマカダミアナッツチョコを買うことがあっても、自分自身に買っているのを見かけることはほとんどありません。

ニコル・サツマさんという写真の女性は、小さい頃にホリデーシーズンになるといつも家にマカデミアナッツチョコの箱がたくさん届いていました。しかし彼女はマカダミアナッツが大嫌いだったので、何度お母さんが「ダメ」と注意しても毎回チョコレートだけを食べてナッツを残していたため、いつもお預けをくらっていたようです。

おそらく、ほとんどの女の子はお母さんの言うことを聞くのだろうと思いますが、ニコルは違いました。彼女はチョコレートだけを舐めてナッツを吐き出し、それをおじいさんに全部渡していたのです。おじいさんは“もったいない”と思ってそれを食べていたのでしょうね。ニコルはすかさずお母さんに「ほら、ナッツはどこにもないでしょ」と言っていたのだとか。

この話を聞いて、かなり気持ち悪いなと思いましたよ。だけど同時に、とても仲の良い家族の様子が浮かんできて、なんだか微笑ましかったです。おじいさんが孫娘をかわいがる様子が伝わってきて……。それにハワイらしい逸話でもあると思います。

話を元に戻します。ここ1〜2年の間、チョコレートでコーティングされたコーヒー豆を店頭で良く見かけるようになりました。マカダミアナッツチョコと違って、ハワイの地元の人が自分で食べるために買っているのです。誰が最初にこれを作ったのか分かりませんが、日本やアメリカ本土、ハワイのブランドも買ってみてください。さまざまな種類のブランドを買っているうち、私はどれが一番美味しいのか?実際にコナ・コーヒー豆を使っているのはどこで、その違いはあるのか?の2点について疑問に思うようになりました。

そこで、ニコル・サツマさんを試食のアシスタントに呼び、どのブランドが次のハワイのお土産の定番になる可能性があるのか、それを検証することにしました。入手できた全部の消費を試した結果、ブランドごとにその製法が異なることが分かってきました。安いブランドのものは使うコーヒー豆の量を少なくして、ミルクチョコレートをたくさん使っていたこともわかりました。

No.1の商品は、「ビッグ・アイランド・キャンディー」のダーク・チョコレート・コナ・コーヒー・ビーンズ。理由はダークチョコレートとコーヒー豆の比率が完璧だからです。お値段はもっとも高く$13.50。しかし、材料の品質は確かでニコル曰く、「チョコレートの質が明らかに優れていて口の中でとろけ、コーヒー豆自体も他のものに比べて良質」とのことです。それもそのはず、すべてのブランドの中で、この商品だけが本物のコナ・コーヒーの豆を使用していたのだから。

試食会終了後、ニコルがボソッと「コーヒーはどうでもいいかな」と言ったんです。えっ? ちょっと待ってくださいよ!まさに「はぁ?」ですよね。思わず頭をはたきそうになりました(笑)。この試食会は何だったのかと……。

しかし、その考えは間違っていました。ニコルは試食ですべての種類を完食したにもかかわらず、もっと食べたいと言っていたのです。それって、「今回試食したチョコレートコーティングのコーヒー豆が、いつかマカダミアナッツチョコに代わるお菓子になる」と、そう言っているようなものだと思いませんか?なぜなら、マカダミアナッツチョコレートのように、チョコレートだけを舐めて唾の付いたコーヒー豆を私に戻すようなことはしませんでしたから。つまりこれって、マカデミアナッツチョコより美味しかったということになりませんか?!

追伸:この女性があなたにA.B.C.ガムをくれると言ったら、はっきりと断ってください。

https://www.bigislandcandies.com/

〔原文 Broke da mouth: Who makes da best chocolate-covered coffee bean?  BY: LEE A. TONOUCHI〕

PREV

アラモアナに3つ目のソフトクリームショップ!ソミソミがオープン

アラモアナに3つ目のソフトクリームショップ!ソミソミがオープン

NEXT

ツッコミどころ満載?ローカルスーパーの隠れ名品

ツッコミどころ満載?ローカルスーパーの隠れ名品

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP