【ノスタルジックを求めて】東京都内でおしゃれに飲む“クリームソーダ”店7選

大人も子どもみんな大好きな「クリームソーダ」。大人になるにつれて飲む回数が減ってきたという方も多いことでしょう。
これからどんどん暑くなる中、かわいい見た目となぜか懐かしさを感じるクリームソーダ探しの旅に出てみてはいかがでしょうか?
そこで今回は、落ち着いた店内で美味しいクリームソーダが楽しめるおススメなお店を集めました。暑い夏はシュワっと美味しさ弾けるクリームソーダを飲んで乗り切りましょう!


Mighty steps coffee stop(新日本橋)

@lulunaosolが投稿した写真

出典:Instagram

コーヒーとアイスクリームが売りのこちらのカフェは、店内は二階までが吹き抜けで解放感は抜群です。
クリームソーダを頼むと、トッピングするアイスをマスカルポーネフランボワーズなどから選ぶことができます。明るい店内に鮮やかな緑色のソーダ水が透き通った涼しげな雰囲気を楽しむことができます。

関連ランキング:カフェ | 新日本橋駅神田駅三越前駅

出典:食べログ

モボ・モガ(渋谷)

@shimichan1231が投稿した写真

出典:Instagram

ボリューム満点なメニューが売りの隠れ家カフェ。
ウッド調のおしゃれな内装が広がる店内は、雰囲気のある照明が印象的な落ち着きのある空間です!入り口が小さいので、通り過ぎないように注意してくださいね。
こちらで飲めるのが特大の「ビーカークリームソーダ」。デザート感覚で飲むことが出来ます。

関連ランキング:カフェ | 渋谷駅神泉駅明治神宮前駅

出典:食べログ

さぼうる(神保町)

出典:Instagram

地下室や、屋根裏のように薄暗くて落ち着いた、まるで東京ではないかのような雰囲気の中食べることの出来る喫茶店です。
この店でクリームソーダを頼むときは、何色にするかを選ばなくてはいけません。緑、赤、黄色、青の4色のうちから選べます。味はすべてメロン味。48時間かけて凍らされた透明な氷とアイスクリームが浮かんだクリームソーダは、レトロな雰囲気にとっても映えます。

関連ランキング:喫茶店 | 神保町駅竹橋駅九段下駅

出典:食べログ


喫茶去 快生軒(人形町)

出典:Instagram

昔ながらの雰囲気の中で、懐かしいクリームソーダが飲みたい方にはこちらの喫茶店がおすすめです。なんと創業は大正8年。かなりレトロな佇まいとなっております。
濃い目のメロンソーダに、バニラのアイスが昔を思いださせてくれる懐かしの味。銀色メタルのコースターに乗せられて運ばれてくる様子がまた奥ゆかしく感じられます。バターの香るトーストにもよく合いますよ!

関連ランキング:喫茶店 | 人形町駅水天宮前駅浜町駅

出典:食べログ

Baby King Kitchen(高円寺)

ねみ。さん(@nemiphoto)が投稿した写真

出典:Instagram

“大人も子供もお子様ランチを食べれるカフェ”というコンセプトの通り、メルヘンで遊び心溢れる、女子会が盛り上がること間違いなし!なカフェ。
ご覧のとおりかわいらしいラテアートならぬ“クリームソーダ”アートは、いくつになっても心が躍ります。他にもお子様ランチのような見るのも食べるのも楽しいメニューがたくさんあります。

関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 高円寺駅新高円寺駅

出典:食べログ

gion(阿佐ヶ谷)

よZさん(@yo_yo_yo_z)が投稿した写真

出典:Instagram

ピンク色の壁や、ブランコ席などの店主のこだわり溢れる喫茶店gion。昭和メルヘンな店内は訪れるだけで楽しい喫茶という名のアミューズメントパークと言わしめるほどです。
ソーダ水は青・緑の2色から選ぶことが出来ます。中でも青色のソーダ水は深い海のように鮮やかで美しく、ほのかな苦みのあるオトナなブルーハワイ味が人気なんです。アイスクリームもたっぷりトッピングしてくれます。

関連ランキング:喫茶店 | 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅

出典:食べログ

ゆりあぺむぺる(吉祥寺)

FuzzikSamさん(@fuzziksam)が投稿した写真

出典:Instagram

宮沢賢治の詩の一節からとられた店名を持つこの喫茶店は、創業40年を超える老舗。クラシックで落ち着いた雰囲気で食事を楽しむことが出来ます。
こちらで飲めるクリームソーダは“赤”一色。ザクロシロップの酸味と甘いバニラアイスという、ルックス・テイスト共に惹かれるクリームソーダを飲むことが出来ます。

関連ランキング:喫茶店 | 吉祥寺駅井の頭公園駅

出典:食べログ

いかがでしたか?
懐かしさとおしゃれさを味わえるお店ばかりですね!出てくるだけで心が踊るクリームソーダを求めて、都内を旅してみませんか?
もしかしたら今までに知ることができなかった東京に出会える旅になるかもしれませんよ?

このまとめに関するキーワード