【プリン体ウェルカム!】今夜だけはウニに溺れたい!都内のウニ専門店まとめ

出典:photoAC

最近よく見かけるようになった「ウニ専門店」。値段も以前に比べて、お手頃になりましたよね。ウニは高級品でありがたく少しだけいただくもの、という概念が覆されつつあります。ウニ好きにはうれしい展開!

プリン体がどうのとかいうご注意もいただきますが、ウニ好きとしては、美味しそうなウニを前にしたらスルーするわけにはいきません。今回は、溺れるほどウニを食べたい夜におススメの、都内のウニ専門店をご紹介します。


うに屋のあまごころ 東京駅店【東京駅】

出典:Instagram

東京駅のキッチンストリートにある、長崎・壱岐の島の老舗うに屋が手がけるお店です。

「想い出のうにオムライス(1,380円)」は人気のロングセラーメニュー。「うに屋のうに丼」は、ご飯(200円)に好きな産地のウニを、好きな量だけのせて、自分だけのウニ丼を作ります。

「うにご飯のうに巻き(680円)」や「うにと帆立の和風カルパッチョ(980円)」など一品料理も豊富。焼酎や日本酒もそろっていますので、店内に漂うウニの気配に包まれて、ゆっくり楽しめます。


関連ランキング:イタリアン | 東京駅大手町駅日本橋駅

出典:食べログ

日本酒バル うに小屋【高田馬場】

出典:Instagram

北海道直送の「ミョウバン不使用のうに」がウリの専門店。生ウニ本来が持つ濃厚な旨みと甘みが楽しめます。

岩塩が添えられた「無添加うに刺し(1,500円)」、「焼雲丹(1,500円)」などを、十四代をはじめとする日本各地の地酒とともにいただけます。高級寿司店で出るようなウニを、居酒屋の価格で提供します。


関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 高田馬場駅学習院下駅西早稲田駅

出典:食べログ

築地虎杖(つきじいたどり) うに虎中通り店【築地市場】

出典:Instagram

築地場外のウニ専門店。海外から訪れる人も多い行列の人気店です。7:00~23:00までやっているので、使い方はいろいろ。朝から「うに三昧」もありです。

生クリームと卵黄、昆布だしの洋風ソースで飾られた「国産濃厚うに丼(3,980円)」は美しくてフォトジェニック。並んでもいただきたい常識が覆る一品です。


関連ランキング:寿司 | 築地市場駅築地駅東銀座駅

出典:食べログ

いちりん門前仲町店【門前仲町】

出典:Instagram

ウニしゃぶしゃぶが食べられるお店がこちら。単品もありますが、いろいろなウニ料理が楽しめるコースもお得です。初めてなら、「雲丹尽くし(8,000円)」がおススメ。ウニしゃぶしゃぶも入って、最後はもちろんウニ雑炊。たまりませんね。日本酒もそろっていますので、女子会にもおススメです。

ランチもやっていますよ。「海鮮たっぷり雲丹鍋焼きうどん(1,500円)」や「特選ウニ丼(3,800円)」などがあります。


関連ランキング:しゃぶしゃぶ | 門前仲町駅越中島駅

出典:食べログ

海栗(うに)BAR Kai一章【築地市場】

a k k oさん(@a_k_k_o_)がシェアした投稿

出典:Instagram

築地場外の路地。ちょっとわかりづらい場所に佇む、隠れ家のようなすてきなお店。まるで金庫のような銀色の扉を開けて入ります。

1Fはコース料理や握り寿司のカウンター席、2FはワインセラーのあるBARです。ランチは、握り10貫がついた「おまかせ握り(4,200円)」がお得。

夜のコースは12,000円から。ウニ食べ比べ3種や尾崎牛とウニの握りなどが盛り込まれ、感動と驚きで大満足です。地酒はもちろん、シャンパンやワインもそろっています。


関連ランキング:寿司 | 築地市場駅築地駅東銀座駅

出典:食べログ

う〜〜ん、ウニ好きにはたまらないお店ばかりでしたね。プリン体のことばかりいわれるけど、ウニはビタミンが豊富。女子にはうれしい、美肌にいい成分が豊富に入っています。

たまには思い切り、どうせなら「ウニづくし」で行きたいですね。提供のスタイルもさまざまなので、お気に入りのお店を探して、ウニに溺れちゃいましょう。


【関連記事】

このまとめに関するキーワード