【家康公の眠る日光】東照宮・華厳の滝・いろは坂などの観光スポットで歴史を感じよう

amanaimages

日本屈指のパワースポットとして有名な日光。徳川家康公を神格化した存在、東照大権現を祀る「東照宮」をはじめとした2社1寺に属する103棟の建築物群と周辺の景観遺跡「日光の社寺」は世界文化遺産に登録されています。また、自然豊かな日光は日本三名瀑のひとつ「華厳の滝」や2万年も前に出来たとされる「中禅寺湖」など、四季それぞれで色彩が変わり、圧倒的な絶景を見せてくれます。そんな歴史的、文化的にも充実している全ての世代に大人気の日光の魅力をご紹介します。もちろんご当地で人気の老舗や注目のグルメ情報も満載です。

日光東照宮


出典: Instagram

「日光東照宮」は、徳川幕府初代将軍の徳川家康公を神格化した東照大権現を祀った神社です。日本全国にある東照宮の総本山的存在で、強力な龍穴と言われるエネルギーのみなぎる場所に陰陽道と風水の影響を強く受け作られているため、日本屈指のパワースポットとして有名です。社殿群には国宝「陽明門」や重要文化財「奥宮」など文化的にも貴重な建造物がたくさんあり、その彫刻の美しさ、精密さが厳かな歴史的空間を演出しています。境内には動物の彫刻が多く特に有名なのは神厩舎にある「三猿」、奥宮に続く参道入口の門にある「眠り猫」、薬師堂の天井に描かれた「鳴き龍」などは見逃せません。

■日光東照宮拝観
-営業日、営業時間
  4月1日 ~ 10月31日(8:00 ~ 17:00)  11月1日 ~ 3月31日(8:00 ~ 16:00)
  注)各期間とも受付は閉門30分前に終了します。
-入場料金
  大人 1,300円 小・中学生 450円
  〒321-1431 栃木県日光市山内2301
-問い合わせ先
日光東照宮社務所
TEL 0288-54-0560 (代)  FAX 0288-54-0061
JR日光駅 東部日光駅からは
東武バス「世界遺産めぐり」をご利用になるのが便利です。
・三仏堂・護摩堂・宝物殿・逍遥園へは「勝道上人像前」下車。
・大猷院・常行堂へは「大猷院 二荒山神社前」下車。
 公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

二荒山神社

sakuraさん(@sakurairo401)がシェアした投稿


出典: Instagram

二荒山神社は、世界遺産「日光の社寺」に含まれる構成資産の一つで現在の男体山(旧名二荒山)、女峰山、太郎山の日光三山を御神体に仰ぐ神社です。境内は東照宮の奥にある「本社」、中禅寺湖湖畔にある「中宮祠」、男体山山頂にある「奥宮」の3か所からなる伊勢神宮に次ぐ広大な面積です。古くから山岳信仰の中心として栄え、空海も訪れたと伝えられます。また、良縁や縁結びなどのご利益があるパワースポットとしても知られており、特に東照宮から二荒山神社へ続く参道は、「パワーストリート」と呼ばれています。「夫婦杉」「親子杉」「杉樽一緒」など良縁のご利益があるスポットもたくさんありますので是非見つけてみてください。

 ■二荒山神社
-TEL 0288-54-0535
-〒321-1431 栃木県日光市山内2307
-アクセス: JR日光駅 東部日光駅からは東武バス「世界遺産めぐり」乗車
 三仏堂・護摩堂・宝物殿・逍遥園へは「勝道上人像前」下車。
 大猷院・常行堂へは「大猷院 二荒山神社前」下車。
公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

神橋


出典: Instagram

まさに日光参拝の表玄関と飾るに相応しい、朱色に映える「神橋」。大谷川にかかる「日本三奇橋」の一つであり、国の重要文化財に指定されています。きれいな渓流と神秘的な朱色の橋、春の桜や秋の紅葉など季節毎に変わる背景のコントラストは一見の価値があります。その昔、日光参拝の基礎を作った勝道上人とその一行を荒流の大谷川を渡らせるために深沙大王が蛇を放ち、その蛇が虹のような橋を作り一行を渡らせたという伝説の橋です。そんな神秘的な伝説もなるほど、と思えるほど美しい景観です。

 ■神橋
 -営業日、営業時間
 –入場料金:無料
 -TEL:0288-54-0535 (日光二荒山神社)
 -〒321-1401 栃木県日光市上鉢石町
 -アクセス:日光駅から徒歩約20分 東武バス「世界遺産めぐり」乗車 神橋下車
 -公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

日光山輪王寺

@yuki.komu523がシェアした投稿


出典: Instagram

日光山輪王寺は、一つのお寺の名前ではなく、日光山中の寺院群の総称で本堂・大猷院・慈眼堂・常行堂・中禅寺・大護摩堂・四本龍寺等のお堂や本坊、そのほか十五の支院を指します。総本堂にあたる三仏堂は、平安時代に出来た東日本最大の木造建造物です。徳川三代将軍「家光」公によって現在の建物は建て替えられました。この本堂前には樹齢500年を超える「金剛桜」が植えられていて天然記念物に指定されています。また、お堂の内部には千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音という三体の大仏さまと、薬師如来・阿弥陀如来・釈迦如来という掛仏の、2組の三尊仏がお祀りされており、その輝き、厳かさは圧巻です。

 ■輪王寺三仏堂
 -営業日、営業時間:無休
 拝観時間
  4月~10月 8:00(開門)〜17:00(閉門)
  11月~3月 8:00(開門)〜16:00(閉門)
 -入場料金
  輪王寺券(三仏堂・大猷院) 大人900円 小中学生400円
  三仏堂単独券 大人400円 小中学生200円 
 -TEL:日光山 輪王寺  0288-54-0531
 -〒321-1494 栃木県日光市山内2300
 -アクセス:JR日光駅 東部日光駅からは
  東武バス「世界遺産めぐり」をご利用になるのが便利です。
  三仏堂・護摩堂・宝物殿・逍遥園へは「勝道上人像前」下車。
  大猷院・常行堂へは「大猷院 二荒山神社前」下車。
 -公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

輪王寺大猷院


出典: Instagram

大猷院は、日光輪王寺に属す徳川幕府3代将軍家光公の墓所です。家光公は死後も初代将軍家康公に仕えたいという気持から、東照宮の鬼門にあたる場所に墓所を建てるよう命じています。また、東照宮をしのいではならないという遺訓から、金と黒を基調とした落ち着いた佇まいとなっています。境内には、ことわざ「阿吽の呼吸」の語源ともいわれる阿形、吽形の2体の金剛力士像を配した仁王門や二天門、天井に140枚の龍が描かれた拝殿・相の間・本殿など22にも及ぶ国宝、重要文化財が建っており、315基もある灯籠も神秘的な印象を醸し出しています。

 ■輪王寺大猷院
-営業日、営業時間:無休
 拝観時間
 4月~10月 8:00(開門)〜17:00(閉門)
 11月~3月 8:00(開門)〜16:00(閉門)
-入場料金
 輪王寺券(三仏堂・大猷院) 大人900円 小中学生400円
 大猷院単独券 大人550円 小中学生250円 
-TEL: 日光山 輪王寺  0288-54-0531
-〒321-1494 栃木県日光市山内2300
-アクセス:JR日光駅 東部日光駅からは
 東武バス「世界遺産めぐり」をご利用になるのが便利です。
 三仏堂・護摩堂・宝物殿・逍遥園へは「勝道上人像前」下車。
 大猷院・常行堂へは「大猷院 二荒山神社前」下車。
公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

このまとめに関するキーワード