【歴史連なる函館】夜景だけじゃない!函館につまった魅力の観光スポットを見つけにいこう

amanaimages

日本国内だけでなく、世界中の観光客を魅了し続ける函館。函館市街を見下ろす函館山、湾に浮かぶ緑の島、観光遊覧船やクルーズで海から眺めるのも乙です。金森赤レンガ倉庫などの商業施設がひしめく華やかなベイエリア、外国人墓地や函館聖ヨハネ教会など異国情緒が漂う一面も。五稜郭公園、函館奉行所では、日本が開国を迫られた歴史を感じることができます。また、アイヌ民族や北方民族についての展示がある函館市北方民族資料館もオススメです。
魅力が詰まった函館の歴史スポットからグルメ・アミューズメントスポットまで、観光スポット40選をご紹介します!

函館山

@mickey_minnie1118がシェアした投稿

出典: Instagram

函館市街地を一望できる函館山。ロープウェイに乗車し、約3分で到着する山頂からはまさに綺羅星を散りばめたような函館の絶景を堪能することができます。人気スポットなので、混雑を避けるには明るい内にロープウェイを利用するのが良いでしょう。山頂にある売店には、函館山限定のお土産があるのも見逃せません。函館山は600種にもなる植物群を持ち、渡り鳥の休息地でもあるため、lそういった景色を展望台から眺めてみるのも楽しいですよね。なお、11月以降は凍結のため道路が通行禁止になるので要注意!

 ■函館山
 -ロープウェイの営業時間:10:00~22:00(4月25日~10月15日)、10:00~21:00(10月16日~4月24日)
 -運賃:大人往復(中学生以上):1,280円、小人往復:640円
 -TEL:0138-23-3105
 -〒040-0054 北海道函館市元町19-7 
 アクセス:函館駅から車で約10分、函館山ロープウェイ山麓駅にて下車。
 -公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

函館駅

出典: Instagram

飲食店が多く入っている「函館駅」は、海鮮や居酒屋、ラーメンなどのグルメを堪能するにはもってこいのスポット!観光客も多く、駅は賑わいと活気を見せています。地元の人でも普段食べないような料理もあり、贅沢する気分を味わえます。函館駅周辺には市営電車もバスもあり、公共交通機関を使う人にはうってつけです。旅のはじめには駅構内にある案内所に立ち寄り情報をゲットすることをオススメします。冬は函館駅でイルミネーションが点灯しており、名物になっています。

 ■函館駅
 -TEL:0138-27-4410
 -〒040-0063 北海道函館市若松町12-13
 -公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

大門横丁

出典: Instagram

「大門横丁」は函館駅から徒歩で約5分の距離にあり、ラーメンやジンギスカン、居酒屋、寿司といった屋台が立ち並ぶ26店舗の屋台村です。大門という名は、昭和9年の大火の際に大門地区の入口に建っていた大きな門に由来します。函館の代名詞ともいえる塩ラーメンや刺身も、大門横丁では存分に味わえます。一店舗当たり10席から15席程度の小規模の屋台を一軒一軒ブラブラ立ち寄るのもよし、気に入った味を見つけたらその味に存分に浸るもよし。ただし座席の少ないため、団体で立ち寄る時には事前の各店への確認をお忘れなく!

 ■大門横丁
 -休業日:年末年始
 -営業時間:店舗ごとに異なります
 -TEL:0138-24-0033
 -〒040-0035 北海道函館市松風町7
 アクセス:函館駅から徒歩約5分。
 -公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

函館朝市

出典: Instagram

360にものぼる店がひしめき合う全国有数の朝市が「函館朝市」です。魚介類から野菜、日用品、衣類までそろいます。評判が高い店が多く、地元の方に加えて、多くの観光客が訪れます。函館に来たら絶対に廻った方が良いと言われる有名なスポットです。夕方には閉店してしまうので、買い物の時間には注意してくださいね。いろいろなお店に見入ってしまい、時間があっという間に過ぎてしまうのでこちらにも注意が必要です。名物のカニや釣ったイカをその場でさばいているので、超新鮮なイカ刺しを楽しむというのもまたいいですね。きっと満足な時間を過ごすことができることでしょう!

 ■函館朝市
 -TEL:店舗ごとに異なります
 -〒040-0063 北海道函館市若松町9-19
 アクセス:JR函館駅から徒歩約2分。
 -公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

函館市青函連絡船記念館摩周丸

出典: Instagram

「函館市青函連絡船記念館摩周丸」とは、青函トンネルができる前に列車と乗客を載せて、本州と北海道を結ぶ青函連絡航路を運航していた船です。かつての青函連絡船のことで、現在は内部が記念館になっており、青函連絡船の歴史などが学べます。船が大好きな人やマニアはもちろんのこと、家族連れやカップルも楽しむことができる場所です。船内では操縦室で双眼鏡を見たり、汽笛を鳴らすなどできます。明治、大正、昭和の各時代を彩った青函連絡船を堪能してみてはいかがでしょうか?

 ■函館市青函連絡船記念館摩周丸
 -休業日:不定期
 -営業時間:8:30~18:00(4月~10月)、9:00~17:00(11月~3月)、10:00~15:00(12月31日~1月3日)
 -TEL:0138-27-2500
 -〒040-0063 北海道函館市若松町12番地先
 アクセス:JR函館駅から徒歩約6分。
 -公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

このまとめに関するキーワード