【高タンパク低カロリー!】都内で食べられるワイルドな絶品ジビエ料理店

出典: 写真AC

「ジビエ料理」を食べたことはありますか?

「ジビエ」とは狩猟で得た野生の鳥獣の肉を食べることを意味し、ヨーロッパでは貴族の伝統料理として食べられてきました。

日本でジビエとして食べられるものと言えばシカやイノシシが主ですが、それ以外にも野兎やカルガモ、キジ、カラスやハクビシンまでもが食べられることもあるそう。

そんなワイルドなジビエ料理店をご紹介します。

ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ(中目黒)

Ricardo Rocesさん(@blueroces)が投稿した写真


出典: Instagram

こちらは、本場ヨーロッパの食べ方に近いフランス料理と共にジビエが楽しめるお店。しかもそのお肉は店内の熟成庫で自家熟成させてあるそう。

色々なジビエのミートグラタンをはじめ、イノシシのベーコンやエゾシカ、鴨は丸一匹でも食べられます。ソースはその血を使って作ってあったりと、動物の旨味を余すことなくいただくことができるのです。もちろん牛や豚なども絶品ですよ!

関連ランキング:その他肉料理 | 祐天寺駅中目黒駅

出典: 食べログ

炉とマタギ(新宿)


出典: Instagram

今度はジビエを豪快に焼き肉でいただけるお店をご紹介。三軒茶屋や品川にも展開している「炉とマタギ」です。割とリーズナブルなお値段でジビエが食べられると人気なんです。

お箸がおみくじになっていたり、店内には狩猟道具のレプリカが飾ってあったりと遊び心も満載。

お通しからジビエのそぼろ大根で、メニューには様々な種類のお肉が乗った盛り合わせが豊富で、鹿にイノシシ、馬肉の桜刺しなどの肉をはじめ、鹿そぼろのポテトサラダやウサギのから揚げなどのサイドメニューもジビエというこだわりです。

鮎の骨酒という変わりメニューもありますよ。

関連ランキング:居酒屋 | 新宿西口駅新宿三丁目駅西武新宿駅

出典: 食べログ

米とサーカス(高田馬場)

@hirktが投稿した写真


出典: Instagram

知る人ぞ知る珍店「米とサーカス」では、ジビエの鍋料理をいただきましょう。

米とサーカスで食べられる肉は鹿や熊、イノシシにとどまらず、ラクダにカンガルー、ダチョウ、ワニ、トド、ヤギ…など本当に様々な獣肉が食べられるお店なのです。獣肉のお鍋はしっかり灰汁をとらないと臭くなってしまうので注意してくださいね。脂身が少なくさっぱりした鹿とイノシシのお鍋が人気です。

カンガルーがたたきで、ヤギが桜刺しで食べられるだけでなく、ワニやヤモリ、サソリのてんぷら、ラクダのとんぺい焼きなどもあります。珍獣を食してみたい度胸のある方にはおススメです!

関連ランキング:居酒屋 | 高田馬場駅目白駅学習院下駅

出典: 食べログ

まくら木(月島)


出典: Instagram

エゾ鹿肉を専門に取り扱っているので、メイン料理になるエゾ鹿が大満足に食べられる「まくら木」。

エゾ鹿のステーキは、まだ若い鹿のものを使っていてとってもやわらか。そして名物は、エゾ鹿のしゃぶしゃぶ!都内で鹿のしゃぶしゃぶが食べられるのはコチラのお店だけなのです。

鍋からあふれ出るお肉も、鹿肉は鉄分豊富で低カロリーなので気にすることなくたくさん食べちゃいましょう。エゾ鹿肉の出汁が出た残り汁でいただく雑炊も絶品です。

関連ランキング:居酒屋 | 月島駅勝どき駅

出典: 食べログ

同じ獣肉でもたくさんの食べ方があったんですね。

いつもとは違ったワイルド肉料理、堪能してみませんか?

このまとめに関するキーワード