【ジブリの聖地巡礼】舞台・聖蹟桜ヶ丘で「耳をすませば」の二人を辿る完全マップ

出典: Instagram

朽ちることないジブリの名作「耳をすませば」。先日金曜ロードショーで放送された際にも、Twitter上では多くの人がキラキラした青春に胸をときめかせていましたね。

実はあの街は実在の場所をモデルにしたところだってご存知でしたか?実際に二人の生活を感じてみましょう!

「耳をすませば」舞台は聖蹟桜ヶ丘

Togo Kiuchiさん(@togogreen69)が投稿した写真


出典: Instagram

舞台は聖蹟桜ヶ丘。京王線で新宿より30分ほどのところにあります。映画の中では”杉の宮駅”という名前だったところです。駅の電車接近メロディーとなっているのは主題歌の「カントリー・ロード」。ファンは”聖蹟桜ヶ丘駅”に降り立った瞬間からワクワクしてしまうことでしょう。

モデルとったところは、聖蹟桜ヶ丘の西口よりさくら通りをまっすぐ進んで土手を超えていったところになっています。雫が電車から降りた猫、ムーンを追いかけて通った道を追いかけていきましょう。

「お前の弁当ずいぶんデカいのな」

SideKeyさん(@sidekey0428)が投稿した写真

出典: Instagram

川を渡ると、長いいろは坂が始まります。丘の上にある町なので、登り切るととっても素敵な景色に出会うことができます。この長い階段も印象的でしたよね。劇中では階段を下って図書館につきますが、図書館の場所には公園があります。

「お前を乗せて坂道のぼるって決めたんだ」


出典: Instagram

一番の胸キュンシーンは、やっぱりいろは坂を自転車でのぼるシーンではないでしょうか?いろは坂は本当に急カーブが多くきつい斜面になっています。右も左も、どこか見覚えがあるような気がするのは間違いではありません。周りの景色も忠実に再現されているんです!

「オレ、お前が好きなんだ!」

tomomi Tさん(@ttomomy278)が投稿した写真


出典: Instagram

視聴者に絶大な人気を誇る雫に片思いをしている男の子、杉村くんが雫に告白をした神社もあります。いろは坂を登った途中にある「金比羅神社」です。思いを寄せる男の子と訪れれば、何かの力をもらえそうな気がしますね。

「ステキな人形…」

K.Shimaさん(@shima3maro3)が投稿した写真

出典: Instagram

そして坂を登り切った先に「地球屋」があったロータリーもそのまま再現。何度も出てくるロータリーなので、耳をすませばファンには感慨深いところではないでしょうか?

しかし残念ながら地球屋はありません。モデルとなった「邪宗門」という喫茶店も2012年に閉店してしまいました…。

でもバロンに会えるスポットがあるのですよ!

R!HO🌹さん(@rihoooooo_08)が投稿した写真


出典: Instagram

それは「ノア」という洋菓子屋さん。耳すまロータリークッキーなど、耳をすませばにちなんだものも販売されています。店内にはジブリグッズが溢れていて、もちろん「カントリー・ロード」もBGMとして流れているんですよ!バロンと連れのルイーゼも一緒にいます。まるで本当に雫になったような発見ですよね。

「なんで杉村がそんなこと言うのよ!」

@sachi__0310が投稿した写真


出典: Instagram

雫たちが住んでいる団地があるのは、ロータリーを超えさらに坂を下り、再び丘を登ったところにあります。雫が暮らしいる白い団地はもちろん、団地の真下には杉村くんのことで悩んで落ち込んでいる夕子を雫が慰めるベンチも。ベンチが2つあるのですが、右側のベンチは電灯の位置までそっくりなんです!

聖蹟桜ヶ丘はとっても素敵な街!

し ほさん(@shi__.ho)が投稿した写真


出典: Instagram

実は誠司くんが雫にプロポーズした通称「耳丘」は現在立ち入り禁止。なのですが、きっと二人はこんな景色を見たんだなぁというのは丘の上から感じることができます。開放感たっぷりでとっても素敵なところですよね。

聖蹟桜ヶ丘駅を降りると、「耳をすませばマップ」というのがあり、街全体が耳をすませばのために来る方に優しくなっています。ぜひそんな街をゆっくり歩いて、青春を感じてみてください。

見れば見るほど、登場人物の息や温度が感じられるのが聖地巡礼の醍醐味。

雫や誠司、その他の人々の生活や奮闘、人生の跡が聖蹟桜ヶ丘には残っています。

夢を叶えたい時にも、パワーがもらえるかもしれませんね。

【関連記事】