【ときめき溢れる一人時間】高円寺「アール座読書館」は現実を忘れられるおしゃべり禁止カフェ

出典: Instagram

「人に勧めたいけど、自分だけの秘密の場所にしておきたい」。
そんな人が多数いる隠れた人気カフェ「R座読書館」をご存知ですか?
名前の通り読書専用の喫茶店です。中には1000冊以上の本と「長い時間の私語、お話目的の方はご遠慮ください」という注意書きが。そんな静かな空間には、ジブリの世界に入ってしまったような世界観と、美味しいお食事が待っていました。

R座図書館は読書専門の喫茶店

Azumi Ejimaさん(@azumiejima)が投稿した写真


出典: Instagram

JR高円寺駅南口より徒歩五分のところにあるこちらのアール座読書館。
そんな都会の中にあるにもかかわらず、まるで森の中の書斎のような木々に囲まれた空間で、美味しい飲み物とともにゆっくりと自分に時間を楽しむことができるのです。

店内は長いお話や声高なお話は禁止。お話目的で来る方はいません。本棚には文学をはじめ、写真集や美術書、哲学書や文学系漫画、旅行書など様々なものがあり、好きな本を手に取ってゆっくりと読むことができます。
とはいっても、読書をしなくてもOK。ただ店内を眺めたり、書き物をしたり、考え事をしたり…自分のための時間と空間がこちらにはあるのです。
変わった喫茶店は注文方法やお店の使い方に戸惑ってしまいますが、席にあるメニューには、丁寧にお店の使い方から書かれています。

席ごとに違う店主のこだわりテーマ

@pecomaが投稿した写真


出典: Instagram

中には様々な世界観の広がる席があり、空いている時間であれば席の移動は自由に行えます。
アクアリウムのある席では、小さなメダカが泳ぐ水場をぼーっと眺めるだけでも心が落ち着いてくるでしょう。店主が苦労して安定させた水草のジャングルも、多様なものが植わっていてとってもカラフル。「森の中の読書」をイメージしているだけあり、森のような雑然感を出すのが難しかったんだそうです。

机を開けると見つかる誰かの宝物

wakaba iさん(@wakaba.i)が投稿した写真


出典: Instagram

席についている引き出しを開けると、雑多にいろいろなものが入っています。中には自由に何でも書けるらくがき帳も。一人で物思いに耽りながら誰かが書いたその言葉は、恋愛や仕事、家族…成功や失敗など、他人の人生の言葉がほとんどだそうです。
そんな他人の想いをのぞき見するのは恥ずかしい気持ちになりますが、あなたの人生にも何かの影響を与えてくれるかもしれません。

フォロジェニックな手作りジオラマ

ナオキさん(@x_naoki_x)が投稿した写真


出典: Instagram

また違う引き出しを開けると、そこはまた違った世界が広がっています。手作り感あふれる海のジオラマがとってもかわいらしいですよね。これも店主さんの自作。
閉鎖的で独特な店内と、開放的な海とお店を流れる水の音に、煮詰まっていた思考もスッキリするでしょう。

小窓を除くと広がる別世界

Layaさん(@layaless)が投稿した写真


出典: Instagram

窓側の前から二番目の座席には、小さな円形の小窓があります。実は、ここを覗くと万華鏡の差込口になっているんです。
使い方も席に置かれたメニューにしっかり書いてあります。店主も万華鏡が大好きなようで、気が付くと一時間ほど眺めてしまうのだとか。一時間眺めていても飽きることなく違った模様を見せ続けてくれる万華鏡は、素敵な空間で眺めるからこそ引き込まれるのかもしれません。

飲み物やお食事と一緒に楽しんで

Junpeiさん(@junpui)が投稿した写真


出典: Instagram

みなさんついつい時間を忘れ長居してしまうことで、ギリギリの収益で経営していらっしゃるそうです。長居する場合は、追加の飲み物や、優しい味の甘味などと一緒に楽しんでくださいね。
グラスや器も店主の趣味が盛り込まれたもの。光を当てると優しく色づきとっても綺麗ですよ。
そんなこだわりの器にグラスに入ってやってくるのはオレンジショコラコーヒーや、ストロープワッフルというスイーツ、シャーリーテンプルなどこちらもこだわりの逸品たち。メニューの詳細もしっかり書かれているので、ゆっくり決めてから注文できます。


関連ランキング:カフェ | 高円寺駅新高円寺駅東高円寺駅

自分だけの時間と自分だけの空間を用意してくれる素敵カフェ。土日のお昼にはすぐに満席になってしまうようですが、空席になると電話で知らせてくれるというサービスもやっています。また、20名ほどで貸切にもできるそうなので、一度訪れてみてくださいね。

このまとめに関するキーワード