【冬ならではの贅沢を…】雪見露天風呂のある関東近郊のおススメ温泉

出典: photoAC

冬に温泉に行くなら、楽しみたいのが雪を見ながらの温泉、雪見露天風呂。暖かいお湯につかりながらも、静かに降り積もる雪を眺められるなんてまさに冬ならではの贅沢ですよね。そんな至福のひとときを提供してくれる関東近郊のおススメ雪見露天風呂をご紹介します。

奥鬼怒温泉 八丁の湯(栃木)


出典: Instagram

源泉100%自然湧出のかけ流し湯が最大の魅力の八丁の湯では、奥鬼怒の大自然の中で温泉に浸かることができます。

日帰り入浴が500円でできるのですが、環境保全のために女夫淵温泉から1時間10分の道を歩いて向かわなければなりません。宿泊の場合は送迎車を利用できます。

8本の源泉があり、泉質や湯温が異なるのも魅力です。お風呂は混浴露天風呂が3か所と、女性専用の露天風呂1つ、内湯が1つずつあり、露天風呂では流れる荘厳な滝と繊細な雪の白のコントラストを楽しみましょう。

Tokyu Harvest Club Resort 那須(茨城)


出典: Instagram

那須の広大な自然の中にあるホテルで、スキー付きのプランもあります。大きな内湯からも雪の降り注ぐ様子の見られる開放感のあるお風呂が特徴で、ホテルなので寝湯や打たせ湯、もちろん露天風呂など様々なお風呂を備えています。

特徴は含有成分が一定量に達していない単純温泉。つまり体への刺激が少ないので、高齢者や肌が弱い方でも安心して入れるようになっています。日帰り入浴は受け付けていません。

龍堂(群馬)

Yuki Hommaさん(@snow88h)が投稿した写真


出典: Instagram

群馬県水上にある源泉かけ流しの湯めぐりテーマパーク龍洞。露天風呂は18種類あり、そのすべてを24時間いつでも貸切にして楽しむことができます。自分の名前の札をかければ自分だけの貸切露天風呂となるうえ、場所によっては20名以上も入れる大きなところも。周りの目を気にせず楽しめる以上の極楽はありません。

雪見におススメなのは、一番大きな露天風呂である「大龍」です。山側にあり、場合によっては猿や鹿を見つけることもできるんだそう。泉質は先ほど紹介した単純温泉となっています。4時間5400円または6時間7560円で昼食付きの日帰りプランがあります。

泡の湯旅館(長野)


出典: Instagram

信州の秘湯、泡の湯旅館は松本から車で60分のところにあります。大露天風呂は混浴ですが、お湯は乳白色で透けないので、女性でも目線を気にすることなく入浴することができます。「3日入れば3年風邪をひかない」と言われているほどの効能があるそう。

冬はもっとも情緒豊かに演出されると紹介されており、季節によって見える色の変わる濁り湯がとっても引き立ちます。炭酸分が多く含まれていて、高温度にすると湯と炭酸が分離してしまうためにすべてがぬる湯になっているのが特徴。大人820円で日帰り入浴もできます。

七味温泉ホテル 渓山亭(長野)

なかじさん(@nakaji3745)が投稿した写真


出典: Instagram

渓山亭には野天風呂「恵の湯」、貸切野天風呂「せせらぎの湯」、内湯、露天風呂の4つのお風呂があります。木に囲まれた恵みの湯は、絶景の雪見温泉ポイント。自然との一体感を味わいながら、あったまることができます。日帰りの入浴の場合は大人600円です。

貸切の野天風呂では、あたり一面に広がる銀世界が最大の特徴で、乳白色のお湯に立ち上がる白い湯気、そしてあたりを覆う純白の雪という体験には、心が洗われるでしょう。

白銀の世界に包まれながら、極上の湯に浸かれる雪見温泉。

絶景と温泉の贅沢なコラボを楽しんでみませんか?