【新宿の変わり種レストラン】新宿の新名所”ロボットレストラン”で近未来を体験!

出典:Smartrip編集部

ロボットレストランをご存知ですか?

新宿歌舞伎町に総工費100億円をかけて2012年に出来た、外国人に人気のスポットです。どれだけ人気かというと、世界最大の旅行口コミサイト「Trip Advisor」では新宿区で一位、また一貫して高い評価を受けている施設に与えられる「エクセレンス認証」も与えられているほど。

そんなロボットレストランの楽しみ方をご紹介します。

ロボットレストランとは?


出典: Instagram

ロボットレストランとは新宿歌舞伎町にあるレストラン!…ではなくエンターテイメント施設です。

お客さんの9割が外国人で、店の中での公用語は英語という異郷。たくさんの外国人に支持されている日本の誇るエンターテイメントが行われているのです。

食事はお寿司やお弁当のみで、飲み物は缶飲料や瓶ビールをいただきます。

注目すべきは約80分間で行われるショー。もはや日本とは思えないほどの異空間に包まれます。公演は一日4回。料金は8000円ですが、割引券が様々なところから発券されているので、予約サイトや公式サイトを確認するのがおススメです。

一歩踏み入れればまさに異空間

Ramiroさん(@photographybyrome)が投稿した写真


出典: Instagram

ギラギラした独特の世界観で我々を出迎えてくれる店内には、もちろん大きなロボットも。

真ん中にはショーが行われる舞台があり、その両サイドに椅子と机が並べられた店内では、早めに行って見やすい場所をとるのがおススメです。

また、金色に光るロボットが飲み物を売っていたりもするので、開演までゆっくりとこの空間に慣れていきましょう。公用語は英語なので注意です。

第一部 これが日本だ!


出典: Instagram

テンションの高すぎる司会のコールののちに始まったのは、女性ダンサーたちの華々しいダンスや力強い和太鼓の演奏。着物と扇子を使ったダンスや三味線、神輿やニンジャたちなど、外国人の思う「日本」を詰め込んだショーになっています。

ダルマに手足が生えたロボットなどの、伝統と近未来の融合にも注目です。圧巻のウェルカムショーは開いた口が塞がりません!

第二部 ロボットたちの戦い

Johnさん(@jhywel)が投稿した写真


出典: Instagram

第二部のショーはストーリー仕立て。我々の住む地球の自然を、文明の進化形であるロボットが脅かそうとしているもの。

自然と文明の対立では、悪のロボットたちと、自然を守るロボットの「モスラ」や「ゴジラ」が戦います。戦いを繰り返し、最後は大きなティラノサウルスが悪の親玉を喰らい、平和な世界が取り戻されます。ロボットたちによる戦いは激しく、息をつく暇もありません。

第三部 光と音の近未来ショー

abondnyさん(@abondny)が投稿した写真


出典: Instagram

先ほどまでのギラギラ感とは打って変わって、第三部では本格的なダンスショーを楽しめます。電飾をまとったケーブルマンのダンスは激しく、暗い空間の中で輝き舞す。また会場がレーザー照射でさらに近未来感がアップ。

こちらの第三部、期間によってはハロウィンショーになったり、看板娘ROBO子のショーになったりと、行く毎に違った出し物が見られます。月に2回は新しいものを取り入れるようにしているそう。

第四部 圧巻のフィナーレ


出典: Instagram

フィナーレの前には観客に色とりどりのサイリウムが配られます。

続々と出てくる大規模なロボット!そして色とりどりのセクシーなダンサー!ダンサーの方にサイリウムなどを振ると振り返してくれます。

詰め込まれた日本の近未来感に、もはやここが新宿の歌舞伎町であるということを忘れさせてくれるでしょう。ここまで来ると最初は状況が呑み込めていなかったお客さんもノリノリに。また盛り上がってくると隣の席の外国人の方とも仲良くなっているんだとか。

その後は大きなロボットたちとの記念撮影タイムがあり、終了になります。

100億円のかかったロボットレストランは、決して文字や写真では伝わらない世界観でエンターテイメントが行われています。

ダンサーさんはクレジットでの名前や、iPadで紹介を見ることもでき、お気に入りの方を見つけることもできるのだそうです。

日本の誇るべき未来型スポット、ぜひ一度は行ってみてください!

このまとめに関するキーワード