【池袋の泊まれる図書館】最高の“寝る瞬間”を体験できる「BOOK AND BED TOKYO」

みなさんはお家で何かをしているときに、いつの間にか寝てしまった…なんて経験をしたことがありますか?
自分の好きなことをしていたらうっかり寝てしまうなんて、最高の“寝る瞬間”ですよね。

そんな至福の時間をコンセプトに掲げた泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」が、数々の本好きを魅了して話題となっています。

コンセプトは“泊まれる本屋”

李宗隆さん(@dual126)が投稿した写真

出典:Instagram

2015年池袋にオープンした「BOOK AND BED TOKYO」は、“泊まれる本屋”をコンセプトに作られた新感覚の格安ホステルです。
ここにやってくる人たちは、ふかふかなマットレスも、低反発の枕も、軽く暖かな羽毛の布団も、最高な環境での良い寝心地も求めていません。

彼らが求めているのは、読書をしていたら段々とうとうとしてきて、気付いたらいつの間にか寝ていた…なんて最高に幸せな“寝る瞬間”です。

出典:Instagram

「BOOK AND BED TOKYO」の内装は、天井からぶら下がるたくさんの本と、3000冊を収納することができる巨大な本棚に囲まれた、読書好きにはたまらない楽園のような場所になっています。

選書は幅広いジャンルをカバーしており、オシャレな英語の本から日本の旅行ガイドなど、充実した内容です。

出典:Instagram

「BOOK AND BED TOKYO」のテーマカラーである“青”のソファーがあるロビーは、客室も兼ねた空間となっており、本好きにはこれ以上ないほど気分が高まるものとなっています。また、Wi-Fiを無料で使えるところも魅力的です。

2種類の客室、どちらを選ぶ?

出典:Instagram

宿泊するお部屋は、「BOOK AND BED TOKYO」のシンボルである本棚の中で眠る「BOOKSHELF」と、より集中した環境で”泊まれる本屋”を体験できる「BUNK」の2種類。
さらにそこから、部屋の大きさ別に「STANDARD」と「COMPACT」から選べます。

Lehさん(@leh.cipe)が投稿した写真

出典:Instagram

どちらのお部屋を選んだとしても、たくさんの本に囲まれて、最高の“寝る瞬間”を体験できるのは間違いなし!
本好きならたまらない至福の時間を存分に過ごしてみてください!

<「BOOK AND BED TOKYO」>
宿泊価格(1泊)
「STANDARD」4,500円(税抜)〜 ※土日祝前日などは変動あり
「COMPACT」3,500円(税抜) 〜 ※土日祝前日などは変動あり
チェックイン16:00/チェックアウト11:00

デイタイム
1時間ごと:500円(税抜)
フリータイム(Daytime営業時間内):1,500円(税抜)
13:00~17:00

住所:東京都豊島区西池袋1-17-7 ルミエールビル7階
HP:http://bookandbedtokyo.com/tokyo/index.html

【関連記事】

このまとめに関するキーワード