【本場に負けない美しさ】全国のランタン祭りでラプンツェルの世界に浸ろう

出典:photoAC

2011年に公開された、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」。たくさんのランタンが一斉に空に舞い上がる幻想的なシーンが印象に残っていると言う人も多いのではないでしょうか。

今回は、映画のワンシーンのような素敵なランタンの世界を体験できる日本のスポットをご紹介します。


ランタンまつりin道の駅 富士吉田

出典:Instagram

東京からバスで約90分で行ける富士吉田市にて2017年の12月23日、富士山を背景に200個のランタンを舞い上げるイベントが開催されます。

このイベントでは、機織文化のある富士吉田市ならではの機織り生地をなびかせたランタンが舞い上げられます。当日は地元グルメ吉田うどんを始めとする様々な飲食提供もありますよ!

入場は無料ですが、打ち上げるランタンは有料(事前購入申し込み、3,900円~50,000円)で、既にほとんどのランタンが売り切れとなっています。

イベント当日は道の駅の駐車場(計550台駐車可能)が利用可能ですが、公共の交通機関でのアクセスもいいので、そちらの利用も検討してみてくださいね♪


公式サイト/富士吉田観光ガイド



出典:GoogleMap

琉球ランタンフェスティバル

出典:Instagram

続いてご紹介するのは2017年12月2日〜2018年2月25日の間、沖縄県読谷村の「体験王国むら咲むら」で開催しているランタンイベントです。

琉球王朝時代の街並みを再現した、読谷村でしか見られないランタンがたくさんあるのが特徴です。異国情緒あふれるデザインがとっても素敵ですね♪こちらでは他にも、カフェやプロジェクションマッピングなども楽しめます。

入場料は大学生以上の大人が600円、中高生は500円、小学生は400円です。


公式サイト/琉球ランタンフェスティバル



出典:GoogleMap

長崎ランタンフェスティバル

出典:Instagram

お次は、長崎の冬の一大風物詩「長崎ランタンフェスティバル」の紹介です。

2018年2月16日〜2018年3月4日の旧暦の春節から元宵節の間、長崎新地中華街を中心に長崎の各地がランタンやオブジェで彩られます。毎年約100万人が訪れるという国内でも特に大きな規模のランタン祭りです。

期間中は、あちこちで龍踊り・中国雑技などのパフォーマンスも行われているので、長崎にいながら中国気分を存分に味わえますよ♪


公式サイト/長崎市公式観光サイト



出典:GoogleMap

ベトナムランタンまつりinなめりかわ

yoshimiさん(@hao2053)がシェアした投稿

出典:Instagram

富山県滑川市で毎年夏に開催されている「ベトナムランタンまつりinなめりかわ」をご紹介します。

このまつりは、旧宿場町の瀬羽町の街並みがベトナムの世界遺産である港町ホイアンに似ていることから始まりました。旧宮崎酒造とその周辺で様々なランタンが展示されます(見学無料)。

他にも、民族衣装や食事など、ベトナムの文化を身近に感じられるとあって、2日間で1万人を動員する人気ぶりです。8回目となる2017年のまつりは終了してしまいましたが、2018年も夏に開催することが予定されています!




出典:GoogleMap

みやざきグルメとランタンナイト

出典:Instagram

最後にご紹介するのは、食とランタンのコラボレーションが楽しい宮崎県の夏の風物詩「みやざきグルメとランタンナイト」、通称「グルラン」です。

今年の開催は終了してしまいましたが、毎年夏には多くの観光客が訪れる一大イベントです。人気植物公園、フローランテ宮崎にて約7000灯のランタンを見ながらたくさんの宮崎グルメが楽しめます。

入園料は大人が310円、小人が150円となっています。ぜひ次回のイベントに期待したいですね!



出典:GoogleMap

タイや台湾などの有名なランタンまつりに行かなくとも、日本には様々なランタンまつりがあります!灯りの綺麗な冬の時期を選ぶのもよし、夕涼みが気持ち良い夏の夜もよし。是非、家族や友人、恋人とお出かけしてみてくださいね!


【関連記事】

このまとめに関するキーワード