【自然を駆け抜けろ】”奥飛騨のガッタンゴー!”で線路の上をサイクリング

出典: Instagram

食べ物や芸術も映える秋ですが、みなさんスポーツも楽しんでいますか?
涼しくなってきた今だからこそお勧めしたいのが「ガッタンゴー」という新感覚の乗り物。廃線となってしまった線路の上を、マウンテンバイクで走るという珍しい体験をすることができます。

岐阜県飛騨市で楽しむ「ガッタンゴー!」

出典: Instagram

線路の上を走ってみたいと思ったことはありませんか?いくら電車や線路が好きでも、線路に近づくことは許されません。
ここ奥飛騨の「ガッタンゴー!」では、旧神岡鉄道の廃線約3キロ(往復6キロ)の道のりを、マウンテンバイクで駆け抜けることができるレジャー施設。テレビで何度か紹介されている今注目のスポットです。

Megumi Itoさん(@mpon110)が投稿した写真

出典: Instagram

約50分間、線路の継ぎ目がつくるガッタンゴットンという振動が直接伝わるという臨場感と、飛騨の美しい景色が楽しめます。

老若男女問わず楽しめる種類豊富なマウンテンバイク

YOさん(@jootani)が投稿した写真

出典: Instagram

借りられる車両の種類はかなり豊富。
まずノーマルのマウンテンバイクは、電力での補助付きのハイブリッド、なしのノーマル、そしてダンデム自転車が用意されています。(各一人1500円)
ハイブリット自転車には、チャイルドシートや観覧シートなどを付けることが可能。最大で5人まで乗ることができます。
またスタッフにけん引してもらうトロッコでは、6人の乗車も可能。
小さなお子さんやおばあちゃんおじいちゃんなどにも景色を楽しんでもらうこともできるようになっているんです。

360度の車窓

@deshijunが投稿した写真

出典: Instagram

どこまでも続いていく線路と、奥飛騨の広大な景色が360度広がっています。天気が良い日はかなり気持ちよさそうですよね。紅い橋が望めるこの場所は絶好のフォトスポット。

SUGURUさん(@robert_suguru)が投稿した写真

出典: Instagram

臨場感あふれる真っ暗なトンネルも絶好のスポット。きゃーきゃー騒いで声を反響させながら通れるのは廃線ならでは。

折り返し地点ではなんと…

出典: Instagram

このきゅうりとトマトは、折り返し地点に用意されているもの。なんと食べ放題なんです!
体が冷えないよう注意しつつ、ここでしばらく休憩。自然豊かな飛騨の野菜を丸かじりできるのも人気の秘密です。

アクセス



受付:〒506-1147 岐阜県飛騨市神岡町東雲(あずも)地内 旧奥飛騨温泉口駅

廃線後、この旧飛騨温泉口駅には番地や固定電話がなく、カーナビでの検索は困難になっています。
旧駅舎に隣接している「0578-82-4008 喫茶あすなろ」を調べて来るようガッタンゴー公式HPでも勧められています。

電車とマウンテンバイクが組み合わされた新しい乗り物、ガッタンゴー!
これからの季節は紅葉のなかバイクを走らせることができますよ。

地元民のリピーターも多数というニュー乗り物、ぜひ挑戦してみては?

このまとめに関するキーワード