【乗り物1回50円!?】栃木県「千手山公園」のレトロ遊園地がコスパ最高と話題!

出典:Pixabay

子どもと一緒にどこに遊びに行こう? 次の土日のスケジュールをどうしようか頭を悩ませている親御さんたちは多いのではないでしょうか? 今ではテーマパークと呼べるような場所はたくさんあり、選択肢が多すぎて困ってしまいますよね。

一方で、子連れで遊びに行くと、トータルで結構な出費になってしまうなんてことも…。

今回ご紹介するのは、そんな選択肢の中から、お財布にも優しくコスパ抜群公園「千手山公園」をご紹介します。


「千手山公園」ってどんなところ?

出典:Instagram

千手山公園は、栃木県鹿沼市にある昭和23年に作られた公園です。小さな観覧車やジェットコースターのある小さな遊園地が園内に設けられていて気軽に楽しむことができると人気なんです。市街地に位置するので、家族連れでも楽しむことができます。


出典:Instagram

サクラやツツジも植えられているので、春にはこのような、素晴らしい景観が広がります。


注目はやはり、コスパ抜群のお財布に優しい遊具!

mihoさん(@tm3434)がシェアした投稿

出典:Instagram

千手山公園には、「おとぎ電車」「観覧車」「ジェットスター」「自動木馬(メリーゴーランド)」と、子どもたちが喜びそうな小さな遊具やアトラクションがありま。

こちらの、とってもレトロで、どこか懐かしさを感じさせる数々の遊具ですが、利用料が、なんと1回50円と格安なんです! 自動木馬に至っては、1回たったの30円。しかも、子どもも大人も一緒の金額です。これは、子どもと一緒に遊び回るしかないでしょう。

懐かしさを感じさせる音楽も流れていて、童心に戻ることもできますよ。親子連れで来ているのに、親が子どもみたいに楽しんでいる家族もちらほら目につくほど。とても和やかな空気が園内を覆っています。


また、お財布に優しいのは遊具だけではなく、駐車場も…! こちらの駐車場は、何と無料で開放されているんです。遠方からお越しの方々も安心して思いっきり遊ぶことができる様な公園です。


懐かしいのも頷ける。恋空のロケ地。

出典:Instagram

2007年に映画化され、「ケータイ小説」ブームの旗頭の1つとなった『恋空』を覚えていますか? 実は、この恋空のロケ地の1つとなったのが、この千手山公園なのです。

映画を見た方は思い出せると思いますが、雪だるまが置いてあった公園や高台の公園、あれが、千手山公園なんです。なんとなく懐かしい理由は実はこんなところにもありました。


親子の楽しい思い出作りにもピッタリ♪

出典:Instagram

千手山公園は、確かに話題のスポットや、人がたくさん集まる人気スポットとは少し異なるかもしれません。しかし、親子で穏やかな土日を楽しく平和に過ごすには最適なスポットです。

春には『千手山公園さくら祭り』などで、ひと際人が増えますが、公園自体も非常に広いため、落ち着いて親子の時間を作ることができますよ。


千手山公園


出典:GoogleMap

レトロな雰囲気溢れる千手山公園。お財布にも優しくて楽しめるので、ぜひ、かわいい子どもたちとの温かい思い出作りに訪れてみてくださいね!


【関連記事】

このまとめに関するキーワード