【関ヶ原の戦いを体験できる?】岐阜にある”関ヶ原ウォーランド”はツッコミ満載の珍スポット

出典: Instagram

日本には、B級スポットや珍スポットとよばれる場所が多数存在します。
メジャーではないけれど、一部の層にとってはとてもホットな場所、シュールで記録に残しておきたい場所…

岐阜県にあるとある珍スポットをみなさまにご紹介しましょう。


関ヶ原ウォーランド

谷口太泉さん(@daisen.t)が投稿した写真

出典: Instagram

まさしく入り口から「ただものじゃない感」がプンプンするこちらは、日本で唯一の体感型資料館である「関ヶ原ウォーランド」。
ウォー(戦争)とランドを合わせた斬新なネーミングですね。”関ヶ原の戦い”の跡地に作られた本格的な資料館なんです。
入館料は大人500円、子供300円。
実際に関ヶ原から出土した本物の甲冑や火縄銃なども展示されています。

戦場にはかつての名将

Tamakiさん(@kura_126)が投稿した写真


出典: Instagram

広大な戦場は、関ヶ原の戦いの真っ最中。徳川家康は討ち取った湯浅五助の首をしっかりと確認しています。
湯浅五助の首が取られる姿も戦場内のどこかに…。すべて史実を基にした忠実なシーンばかりだそうですよ。


出典: Instagram

「や、やめてくれ~!」真っ最中な武将たちも。他にも火縄銃を構えていたり、長槍でつついたりと、様々なところで戦う武将たちの人形が数多く設置されているんです。その数なんと200体以上!
真似をしたり、戦ってみたり、戦場に入り込んで写真を撮ってみるのがおススメです!

ノーモア関ヶ原

akaneさん(@akane12211)が投稿した写真


出典: Instagram

なぜか関ヶ原の戦い以前に亡くなったはずの武田信玄の亡霊も出現。
亡霊として舞い戻ってきた武田信玄は、「もう争いはやめい!ノーモア関ヶ原合戦じゃ!」と唱えています。
この「ノーモア関ヶ原合戦」というのは、関が原に住んでいた住人が、この戦いによって田畑を荒らされたうえ、合戦跡地処理にまで駆り出された悲痛な叫びだったようです。

謎のにんにん城

@jumppp_が投稿した写真


出典: Instagram

関ヶ原とは関係のない像や城も存在します。忍者がのぞくにんにん屋城は入場可能。
押すと回るからくり扉(どこにもつながっていない)や意味深なはしご(どこにもつながっていない)などの仕掛けも満載です。
もちろん資料館スペースには、本物の甲冑や関ヶ原のことがよくわかる資料がたくさんあります。唯一の体感型というだけあり実際の戦場の地を歩ける貴重な体験はここでしかできません!
かなり本格的なフル甲冑をレンタルすることもできるので、行かれる際は着用をおすすめします!

併設しているレストランでは飛騨牛グルメが食べられたリ、ユニークな館長の出すクイズに挑戦したりと、かなり盛りだくさんなところです!

ぜひ付近に訪れる際には立ち寄ってみてくださいね!

公式サイトはこちら→http://www.rest-sekigahara.co.jp/war_land/

このまとめに関するキーワード