【漫画以外の魅力がたっぷり】関東のちょっと変わったおもしろ漫画喫茶

出典: photoAC

みなさんは漫画喫茶って利用されますか?男性が多かったり、周りの声が気になったり…とあまり使わないという方もいるんじゃないかと思います。

でも今、漫画喫茶はもはや漫画だけを楽しむ場所ではなく、温泉には入れたり、カプセルホテルと融合していたり…と女性も安心で楽しい快適な空間へと進化しているのです。

今回は、そんな変わった漫画喫茶をご紹介します。

和Style.Cafe AKIBA


出典: Instagram

なごみスタイルカフェ秋葉は、まるで京都の旅館のようにくつろげると話題の漫画喫茶です。月6000人ものお客さんが訪れる人気店。

店員さんの衣装もハイカラさんな対象モダンを意識したもので、海外からの観光客にもウケているんです。

個室は畳の床や、リクライニングチェアの席など8種類。女性店員が多いので、女性の一人客も多いのだとか。逆に大人数でオフ会のように利用できるラグジュアリールームというのも存在します。アキバならではかもしれませんね。もちろん漫画もたくさんありますよ!

立川漫画ぱーく

@minatomachikoが投稿した写真


出典: Instagram

400円で3万8千冊が読み放題。が立川駅から徒歩10分のところにある立川漫画ぱーく。ネカフェとは違い24時間開館しているわけではなく、10時~20時の間になりますが、400円払えば何時間でも読み放題という天国のような空間です。

中はきっちり個室になっているわけではなく、どこで読んでも自由。畳の上に座ったり、椅子に腰かけたり、半個室になっているようなところに潜ってみたり、そのうえで寝転んだり。またテラス席で風にあたりながら読んでもOK。奥には要塞のように個室が入り組んだエリアもあります。家族連れにもやさしく、広い個室に家族で入ってもOK。ちなみに子供は半額の200円です。

時を忘れて漫画を読みふけりたい方におススメ。食事をとることもできます。

ウェアハウス川崎


出典: Instagram

香港・九龍にあった伝説のスラム街をイメージして建てられた神奈川県川崎にあるウェアハウス川崎は、外装もボロボロのスラム街風ですが、内装もかなりパンチの利いた造りになっています。

駐車場側の入り口を入ると、すぐにこの風景。

Ajikataさん(@ajikatar)が投稿した写真


出典: Instagram

特にこだわっているのは二階にあるレトロゲームコーナー。もはやUFOキャッチャーの中身が識別できないほど劣化加工がされています。

漫画喫茶兼ネカフェがあるのは5階で、こちらはちゃんと綺麗なつくりになっているのでご心配なく。異空間を楽しみたい方におススメです。

お風呂Cafe utatane


出典: Instagram

埼玉県大宮にできたお風呂カフェ。漫画喫茶のように漫画を読み寝転がることも、カフェのようにオシャレな軽食を撮ることも、お風呂に入って疲れを癒すことも出来ちゃうのです。お風呂は関東有数の名湯「白寿の湯」からの運び湯。無料泥パックができたりと、お風呂のクオリティも高いのです。

宿泊する際にはお部屋も借りることができ、そこで女子会をすることも可能です!

BOOK AND BED TOKYO

kotoeさん(@kotoe1717)が投稿した写真


出典: Instagram

漫画喫茶というよりも、泊まれる本屋をコンセプトにした西池袋にあるBOOK AND BED TOKYO。なんと本棚の奥にベッドがあるという本好きにはたまらない空間。

本棚の奥の部屋「BOOKSHELF」では外の騒音が気になってしまうかもという方は、より籠った環境で泊まれる「BUNK」が選ぶことができます。本は漫画だけでなく文庫も豊富。英語版のブラックジャックなどほかの漫画喫茶ではお目にかかれないような本も。シャワーなども完備していてWi-Fiももちろん無料。宿泊料金は少し広くなっているStandardが4500円。小さめのCompactだと3500円です。デイタイムに利用する場合は一時間500円またはフリータイム1500円です。

漫画喫茶のイメージもずいぶん変わったのではないですか?

普通の漫画喫茶でも、女性専用ルームができているところが多く、女性でも安心して利用できるんですよ!日中の喧騒を忘れ一日中ゴロゴロしたいという方はぜひ訪れてみてください!

このまとめに関するキーワード